「ヤセ菌」が増えるとハゲも止まる

フイルミクテス門の細菌が「デブ菌」たったとしたら、バクテロイデス門は「ヤセ菌」といえるでしょう。

バクテロイデス門の細菌が腸内にて優勢になると、適性体重まで自然と数値が落ちていくはずです。この種類の細菌は、高食物繊維・低カロリーの食事をしていると繁殖力を増します。フィルミクテス門の細菌のようにエネルギーを執拗にとり出そうとはしません。そのため、エネルギー過剰になって太ることがなくなります。

さらに、腸内での水素の発生量が増えるので、活性酸素が除去され、頭皮と毛球の健康がよみがえっていきます。

反対に、フィルミクテス門が優勢になると、ハゲの進行にも影響を与えることが考えられます。肥満になるからです。

太っている人は年齢以上に老けて見えますが、それは体型だけの問題ではありません。肥満の体内では活性酸素が過剰に発生しやすく、老化が進みやすいのです。

私たちの細胞は1万年前から変わっていません。食べ物をいつでも簡単に入手できることも、肥満体になることも、体にとっては不自然なことです。体に不自然な状況は、体内での活性酸素の発生量を増やします。こうなると、薄毛がますます進行していくことは避けられません。

ただし、髪をよみがえらせるために気を配るべきは、抜け毛ではないことも知っておいてください。抜け毛は自然の現象だからです。

「毎朝、枕に大量の髪が落ちている」「髪をとかすたびに、たくさんの毛が抜けてしまう」、「シャンプーをしたあと、ドサッと抜けた毛を見るとゾッとする」

など、抜け毛を心配する声をよく聞きます。抜け毛は目立つ現象であるため気になるものですが、大事なのは生える毛を増やすことです。元気な毛髪が育つよう、頭皮と毛球の健康をとり戻すことです。そのために、バクテロイデス門の細菌を増やす食事によってダイエットすることは、非常に有効です。腸内において水素の発生量が増加し、活性酸素を除去できるようになるためです。

毛髪は、決まったヘアサイクルを持っているものです。産毛のような細くて小さい生まれたての毛が生えてくると、その毛は次第に太くなりながら1日に約0.3ミリずつ成長していきます。この時期を「成長期」といいます。この期間は約2~6年間あります。

髪は成長を終えると「退行期」を迎えます。毛球の退縮が始まり、まもなく完全に退化して、毛の成長がストップします。この期間はだいたい2週間です。

最後に「休止期」が訪れます。完全に成長を止めた毛球の下から、新しい産毛が生えてきて、もともとの毛を押し出します。これによって抜け毛が生じます。

こうしたヘアサイクルを1本1本の毛が持っています。また、頭皮にはおよそ10万本にも及ぶ毛髪が生えています。その毛髪のヘアサイクルを考えてみると、一日に約50~100本が抜けるのは当然のことなのです。

ただし、短く細い毛が抜け始めてきたときには要注意です。髪の毛が十分に育つ前に抜けてしまっている表れだからです。髪を育てる力が失われてきているのです。

元気な毛髪を育てるには、バクテロイデス門の細菌を育てることです。そのためには、食物繊維たっぷりの食事を腹8分目にする習慣を持てばよいのです。